http://sidou.net

2016/12/22

勇者の武器屋

ただいまトークメーカーで『勇者の武器屋』の執筆を始めています。
剣と魔法の世界は初めてなのですが、これも結構楽しいものですね~。
このシンプルすぎるタイトルは如何なものかと思いますが、あとから変更してもいいかなと。

大日本サムライガール』のほうは正式公開前にいったん取り下げて、アイコンなどを更新したのちに再公開するつもりだったんですよ。でも忘れてて、そのまま公開した状態になってしまっていました。アクセスも結構あるみたいなんで、今更取り下げるわけにもいかず……。
近いうちにアップ状態のままアイコン更新させてもらいます。

2016/12/20

架神先生が参加中

トークメーカに架神先生が参入してくれています。第一巻発売中の漫画『こころオブ・ザ・デッド』、そのWEBバージョンでの参戦です。頭おかしい作風(誉め言葉)を追求していくスタイルの作家さんで、そこに妥協がないのには感心させられることしきりです。

架神先生とは、講談社の同じレーベル出身なんですね。同じ出身者で本を出し続けている人は極めて珍しいんですよ。あとは泉先生くらいでしょうか?(他にいらっしゃったら本ッ当にすみません、自分の出版業界知識不足です)
そのためか架神先生とは関わる範囲でも結構似てて、同じ漫画レーベルから声をかけられたり、同じ編集部に出入りしていたり、なにかと互いに「あるある」ネタを持っている人なんですね。
自分の作風を曲げないことでも似たようなタイプでしょうか。ちなみに「自分の作風を曲げない(キリッ)」などと書くと誤解を呼ぶかもなので、念のため正確に忠実に熱烈に補足しますと、カッコいい意味合いはゼロです。ゼロ。曲げたくてもなんかどーしても曲げられない曲がんない(涙)、というニュアンスですので、どうぞバカにしてください。
そんなわけで、どうにも他人には思えない架神先生を、ぼくは勝手に応援しております。トークメーカーでもウェブ版を連載してくれている漫画『こころオブ・ザ・デッド』第一巻のほうもよろしくお願いいたします。

2016/12/19

正式版公開

トークメーカーは本日から、正式スタートです。
自社でやるからにはもう開発企業の意地みたいなものがあって、どこまでもバージョンアップを続けていくつもりです。クリエイターの方々の声を採り入れ、ユーザさんに寄り添った開発をしていけるといいです。ぼく自身が書き手なこともあって、他のユーザさんの声には人一倍興味がありますし、いろんなタイプの方と創作活動をご一緒できるといいです。

さっそくうちのメンバーがバージョンアップの意見を集めているので、よろしければご提案してみてください。
バージョンアップご要望、受付いたします!(期間限定)

また、プロ作家さんで何か面白いことをしたい方がいれば、気軽にぼくまで連絡してみてください。クリエイター関連でも幾つかの事業に協力させていただいていたり、新しい構想もあったりするので、どうですかね~?
多忙なのですぐ返信できない日もあるかもしれませんがお許しを。

2016/12/15

トークメーカー

ご無沙汰しておりました。
このたび、独自の執筆エディタ・小説投稿サイトを公開してみることにしました。

トークメーカー
http://talkmaker.com

実はこのトークメーカーは、ぼく自身がウェブ上で作品を公開するにあたっての執筆システム・作品公開サイトを、弊社で用意しておこうと思ったのが開発の発端になっています。
ですが、いざシステムの設計・開発に取り掛かってみると、ぼく以外の方でもシンプルに利用できそうな仕組みになりそうだったんですね。ならば、せっかくなので他のクリエイターの方々がもし利用されるなら、ご一緒するのも面白いのかなと思い、一般向けに設計・デザインし直してみました。
いったん皆さんと共有しようと腹を決めたからには、シンプルかつ利用しやすいシステムを追求していければと思っています。皆さんの創作活動に少しでも貢献できればとても嬉しいですね。

ぼくもトークメーカーを使って、ウェブ公開用の原稿を書いていきます。もしよろしければご一緒にどうでしょう? 会話形式のビジネス書原稿や、ちょっとした会話ブログにも使えそうです。
もともと自分が作品投稿しようと考えて準備していたので、ぼくのほうは定期的に作品を書いていってみたいと思います。一定の文章を投稿するのを日課にできるといいです。

公開直後は不具合もあると思いますが、コツコツ対応していきます。クローズドβ期間中にも幾人かのクリエイター様に不具合チェックのご協力をいただき、社員一同感謝しています。現在はオープンβの段階なので、登録者数に制限をかける可能性があることをご了承くださいm(_ _)m